2006年03月02日

「英知を集結せよ」に対する僕の気持ち

新聞はまだしも、雑誌、テレビなどのメディア、そしてネットで発信されるブログ等の状況は、圧倒的に「永田謝れ」である。他の大事な人の命に関わる「ヒューザー」「BSE」そして最も僕がびっくりした「海自情報ネット流出」問題を彼岸のこととして。
自民党だけがそう言っているのではない。テレビのキャスターがしたり顔で「あんた謝りなさいよ」と上に立って物を言う姿には本当に鳥肌が立つ。こういう戦時下を思わせる全体主義的な風潮は小泉政権となってから助長されたように思う。みんな右に倣えだ。

こういう風潮の中で、民主党の対応は実にお粗末だった。まさに「自滅」。情けなく思う。
何故こういうことを言うかと言えば、これは民主党がおそらくは(間違いなく、と書きたいところだが)「自民党に引っかかった」からである。確証はない。ただ、状況的に見てそうとしか思えない。
平沢議員が同じメールを瞬時に入手していたことの怪。どうしてだ? ネタ提供のフリーライターに接触したのなら、その時点でガセだとわかっていただろう。また自民党幹部も最初からガセだとわかっていた、との発言(小泉氏も同様の発言)。もしそうなら、その証拠を最初からとっとと自民党は示し、国会の混乱を招くような「永田&民主党」を泳がせると言う手段をとる必要はなかろう。これは永田議員が追い詰められるのを待っていたのだ。

「永田&民主党」が嵌められたことはおそらくこういう状況から見てかなり確率の高い話だと考えられる。
ここに興味深い記事がある。→メールは「上手な仕掛け」 野中氏、同情的な見方

この人が「出どころはひょっとしたら自民党かもしれない。官邸かも」と発言したのは実に興味深いし重要なことだと思う。「憶測」と当然前置きしているが、こういう発言をマスコミにするということは、内容にかなりの確信をもっているのであろう。それは「我々政治家はよくこういうことをする」ということなのかもしれない。
怖ろしいのは、こういう凄い発言(爆弾発言と言っていいだろう)を全国紙が全然とり上げていないということである。これはいったいどういうことか。
あえてとり上げないのか。
また、これが事実無根の「ガセネタ」であるとして名誉棄損だというのなら、武部幹事長の二男は即座に抗議の声を上げるべきだがそうしていない。告発して法廷で全てを明らかにする手段をとって、潔白を示せばいいと思うのだが。そうしないのは、裁判の過程で不都合なことが明らかになるからでは、という疑念がどうしても浮かぶ。

永田議員はメールの信憑性について「メールを出した人物と連絡がとれない」と言う。これはあまりにも情けない発言だが、本当にそうなのか。平沢議員も入手しているのなら、平沢議員も出処はわかっているはずである。普通こうなった場合その「フリーライター」をマスコミが探し出して取材を敢行しようとするのが常套だが、そういう動きもない。非常に釈然としない。圧力でもかかっているのか。このフリーライターは通常なら「時の人」であるはずなのに何故そこにみんな触れないのか。気持ちが悪い。
今後当該のフリーライターが世に出てくることもあるだろう。しかし時間が経ちすぎている。黒幕がもし居るとしたら、十分な対処は既に行っているだろう。

事実として間違いなく言えるのは「永田議員は騙された」という点である。メールを永田議員が捏造したのでないことは、平沢議員が同様のものを所持していたことでも明らかである。
しかし誰も騙した側を追及しようとしない。こんなに気持ちの悪い状況はない。

永田議員が十分に調査せず偽メールを国会で取り上げ、時間を無駄に使わせたこと。そして、それに対する民主党の対応。
これは確かに拙い。十分な批判がなされてしかるべきだろう。しかしながら、世の中騙された人間だけをこんなにただ叩くだけで終わっていいのか、という気持ちがずっと僕の中にある。ここまで大事になっていて、誰も「騙した側」について触れない。そして「騙された人間」をうまく利用した側が居ることも。
マスコミの報道は世論を扇動する。視点のベクトルが「永田議員はヒドいやつ」という一点に集約されているのはマスコミの責任だろう。何故もう少し視野を広げられないのか。

僕が敬愛する今日のジョーさんは、「世の中にはどうでもいいような問題も無数にあるが、絶対に見逃してはならない問題が確かに存在する。」と記事で書かれた。絶対に見逃してはならない問題とは、永田議員が溺れている状況だろうか。
「誰かにガセネタを掴まされたなどというレベルの話しではない。」しかし、この「誰か」を追及することが「絶対に見逃してはならない」問題ではないだろうか。

民主党は失墜し、自民党は一人笑いで、どんどん自分の政策を推し進めるだろう。ライブドアの堀江氏を選挙で大きく推薦し、当時の民主党岡田代表が「堀江は信用するに足りない」として切り捨てたことなどもう彼岸のことのようだ。その自民党がお墨付きをつけたライブドアがこのような事態になり、株価でかなり国民に損失を与えたことの方がはるかに大きな問題だということすら残念ながら覆い隠された状況になっている。この「ライブドア問題」から視線をそらすように登場した「偽メール」だけを魔女狩りのように叩くことで、完全に自民党は得をしている。

騙された人間は確かに悪い。しかし利用した人間の方がもっと悪いのではないのか。

民主党は完全に自滅し失墜した。今選挙をやれば圧倒的な大差で自民党が勝ち、野党は存在意義を失い、日本は「大政翼賛会」状況に入るだろう。憲法を改正することなど朝飯前だ。かくして僕たちの「Imagine」はdreamに終わる。

自民党はかつて「イラクに大量破壊兵器がある」という「ガセネタ」を信じて自衛隊を海外派遣した。これだけでも大変な予算がかかっている。みんな国民負担だ。しかし結局大量破壊兵器は出てこず、そのガセの出処のアメリカに対しても責任追及をすることはない。偽メールというガセネタを信じていまだにちゃんと謝らない永田議員も悪いが、同様の「謝らない」ブッシュを叩くと言うことはない。どっちが重大なことなのかは自明のことであるのに。

「英知を集結せよ」とジョーさんは言われる。全面的に賛成である。為政者やマスコミに踊らされてはならない。
「この国の秩序を守るために、僕達自身の心の強さの問題だ」本当にそう思う。国だけではない。there's no countriesだ。
事実とは何か。メールは偽だったが、疑惑は完全に払拭はされていないのだ。あるのは、「永田議員が騙された」ということだけ。何故こういう事態になったのかを、踊らされることなくしっかりと見つめたい。今世の中は永田叩きの風潮が圧倒的に強く、これ以上のことは「タブー」とも思われる状況になっている。本当にそれでいいのか。

「英知を集結せよ」

世の中から批判勢力が消え、異なった意見は排除される。しかし真実を見ようとする心、思考する能力まで失ってはならない。自分の「眼」を失うな。さもなくば、 Johnの念じていた「Imagine」の世界からは離れていくばかりだ。



今まで、ネット上で政治・宗教的発言をすることだけは避けてきました。この記事はジョーさんにTBするためだけに書いたので、自分のブログ上では公表していません。卑怯なことだとは思っています。ジョーさんに対して失礼な言動であることは承知しています。人間関係にヒビが入る可能性があることもわかった上で、こういう記事を書いたことをお詫びします。ただ「英知を集結せよ」というジョーさんのお言葉には感銘を受けています。「人間の威厳は命がけで守る価値がある」そのことを再認識させていただいた記事でもありました。自分では反論のつもりではありません。真摯な気持ちで書きました。

これからも良いお付き合いをさせていただけることを念じつつ、勇気を出して、ジョーさんの「英知を集結せよ」にトラックバックです。
posted by 凛太郎 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TB記事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26866836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。