2006年03月04日

凛太郎氏に捧ぐ、に捧ぐ。

僕は、前記事のコメントを読んで、「ああ僕はジョーさんの手の中で踊っているだけだな、修行が足りないな(汗)」と思いました。しかし新たな記事がありますので、一応お返事致します。

その1について
理論的に断定しているのではなく、状況から推論した僕の意見です。「そうだ」ではなく「としか思えない」「おそらくは」です。状況とはそのライブドア問題で自民党に逆風が吹いたまさにその時というタイミング、平沢議員の即座のメール入手、ガセだとわかっていたのに泳がせた(致命的発言をするまで待った)、という点です。ジョーさんは自民党は全くの無関係だと思われますか?
断定出来るのは、騙された永田議員を利用したことです。「最初からガセだとわかっていた」という発言がありますから。

※僕は永田議員が「ウソ」をついているという事もまだ「事実」だと断定出来ない可能性があると思っています。何かまだ事情がある(←この「事情」という言い方、わかってください)可能性も否定できないと。確証だと信じていたものが突然ひっくり返された、という可能性もある。そうでないと当初のあの強気の発言は理解できない。そこに最後まで固執してしまったのが自滅の原因。これも推論です。ちょっとここは言い尽くせませんが。

その2について
これは共同通信社が配信したニュースですが、発言したのはTV番組内でのことです。発言したのは事実ですから取り上げるのに問題があるわけではありません。「〜との見方を示した」という記事は日常茶飯事です。怖いのは、新聞社が世論を形成してしまう恐れがあるので事実を報道しない、という恣意的に取捨選択する姿勢です。あらゆる角度から報道すべきです。決定していないのに「民主党幹部は退任すべきだ」という社説を掲げることの方が世論形成に強い影響があると思われますが。
新聞社は役割を間違ってはいけません。あくまでも報道機関は「事実を報道する」ことに誇りを持って欲しいです。ジョーさんが言うように本当に報道機関が自粛したのだとしたら、こんな恐ろしいことは僕はないと思います。報道が国民に与えていいものと与えないものを選択するということは。
もうひとつ不思議なのは、ここまで名指しにされた党、官邸の沈黙ぶりです。世論が追い風なのでなまじ発言するより黙る。新聞もとり上げないし、という判断なのか(これは推論)。

その3について
「司法に頼れ」と言っているわけではないのです。通常の感情として「司法に訴える」という方法は、「自らは間違いなく潔白なのだ」という自信があって出来ること、という感覚を与えるに適しているので、裁判に実際に勝つよりも効果的です。なので政治家は実際には手続きを取らなくても「法的手段をとる」とすぐ発言するのです。今回はそうはしなかったので勘ぐったのです。司法が絶対などとは考えていません。

そして”絶対に見逃してはならない問題”について
これは僕が矮小に取りすぎました。ごめんなさい。一言もありません。


僕なりに、あの記事をアップさせるのには勇気がいりました。普段婉曲ですませる京都人としては、書き上げて後も躊躇しました。やはり投稿ボタンは押さないほうがよかったのか…と今もまだ逡巡しています。
逃げ道を作っておかないジョーさんにも責任があります(笑)。政治に関わる話はこういうふうな話になりがちです。僕が大人でなかったのが原因ですが。以前の「待ち組」の時も居心地が悪かったのですが、幸いにMamiさんがうまくコメントして下さったので僕も「オクトパスバックドロップ」について言及して終われました。こういう逃げ道は固い記事には必要ですよ、ジョーさん(笑)。

な〜んか、かったいなぁ〜 
もっと柔らかく、気楽にいきましょうよ!

Mamiさんの至言を引用させていただいて、なんとかこの場を逃げたい(笑)。

昨日は僕にしては珍しく酒も呑まずにキーを叩いたので少々疲れました。今日もシラフです。もう僕は我慢できないので呑みます(笑)。

追記
読み返してあまりに長い話に反省しています。
僕が居心地が悪かった最大の原因は、「絶対に見逃してはならない問題」のまず第一の例として永田議員の今回のことが挙げられていたことに起因しているのです。ガセネタに関することなら、例えばもっと大きなウソ(TB記事で太字にしたこと)が平気でまかり通っているのに、さらにその人物は永田議員よりずっと厚顔で居るのに…というもどかしさがあったのだと思います。

さらに「全国紙が取り上げたらその時点で世論は形成されてしまう、だから新聞は書かない」ということについて、新聞が恣意的に記事を取り上げることの危険性とともに、民衆は考える力を持たないとおっしゃるのか、新聞の言うことに全て右へ倣えしてしまうほど思考能力が欠けているのか、記事を読んで判断するのは読者であるはずなのに、という点です。これが「凛太郎氏に捧ぐ」を読んで思った最大の違和感です。

以上補足。


posted by 凛太郎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | TB記事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。